[[memo]]

老化によりgitosisダルくなってきているのでweb uiが付いてるgitサーバーが欲しかった。

apacheでzabbix動かしてるサーバーにgitlab同居させるときにやったこと。

* パッケージからインストール [#cd196066]

- https://about.gitlab.com/downloads/

 $ wget https://downloads-packages.s3.amazonaws.com/ubuntu-12.04/gitlab_6.9.2-omnibus.2-1_amd64.deb
 $ sudo dpkg -i gitlab_6.9.2-omnibus.2-1_amd64.deb

* /etc/gitlab/gitlab.rb作る [#ad7ece6d]

中身。とりあえず8000番でnginxを動かす。
 external_url "http://hogehoge.com"
 external_port "8000"

どうせ後でもろもろ書き換えるのでぶっちゃけこの設定いるのかわからん。gitlab.rbでいろいろ設定変えれるようになってほしい。

* いろいろ書き換え [#h7a56539]

まずパツイチconfigureする
 $ gitlab-ctl configure

これで/var/opt/gitlab以下に設定ファイルが作られる

** 書き換える物 [#j59155ea]

- /var/opt/gitlab/gitlab-rails/etc/gitlab.yml
-- relative_url_root: /gitlab のコメントアウト外す
- /var/opt/gitlab/gitlab-rails/etc/unicorn.rb
-- ENV['RAILS_RELATIVE_URL_ROOT'] = "/gitlab" を追記
- /var/opt/gitlab/gitlab-shell/config.yml
-- gitlab_url: "http://localhost:8080/gitlab" に書き換え
- /var/opt/gitlab/nginx/etc/gitlab-http.conf
-- port書き換えたりコメントアウトしたり
 ---
 server {
   listen *:8000;
 ...
 }
 ...
  #location ~ ^(assets)/  {
  #  root /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails/public;
  #  gzip_static on; # to serve pre-gzipped version
  #  expires max;
  #  add_header Cache-Control public;
  #}
- /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails/config/application.rb
-- config.relative_url_root = "/gitlab"のコメントアウト外す

*** staticファイル重いのでnginxにやらせる [#g4f8f71a]

 $ cd /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails
 $ mkdir gitlab
 $ cp -r public/* gitlab
 $ mv gitlab public

** gitlab起動 [#s49b0d0b]

  $ gitlab-ctl start

** apacheの設定 [#m05c8756]

/etc/httpd/conf.d/gitlab.conf作る

 <IfModule mod_proxy.c>
           ProxyRequests off
           ProxyPass /gitlab http://127.0.0.1:8000/gitlab
           ProxyPassReverse /gitlab http://127.0.0.1:8000/gitlab
 </IfModule>

 $ service httpd reload


これで http://hogehoge.com/gitlab で見れるようになる

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS